医院ブログ

WEB予約

武蔵新城駅前
ひらの歯科・矯正歯科

044-789-8282

ひらの大人こども歯科・矯正歯科
武蔵小杉/新丸子

044-322-0011

キービジュアル

2024年もよろしくお願いいたします!【武蔵新城・武蔵小杉】

2023年12月26日

爽やかな晴れの日が続き、冬らしい気候になりました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

年末年始は家族で年越しそばやお雑煮などが楽しみですね。

 

今回はお正月に食べるおせち料理についてのお話です。

おせち料理は、年神様へ五穀豊穣・子孫繁栄・家内安全などを祈って、

縁起の良い海の幸・山の幸を詰める風習から、お正月に食べることが一般的になりました。

 

お子さまの予防矯正(悪い歯並び・かみ合わせの予防)の考え方として、

お口周りの筋肉や顎の骨を強くし、お口を育てるために食育(食べ方・飲み込み方・栄養)も重要です。

実はおせち料理にはお口にも体にも嬉しいポイントがあることをご存じでしょうか?

その一例をご紹介します。

 

 

★ 昆布巻

【意味】古くから「こぶ」には「養老昆布(よろこぶ)」といわれ、おめでたい席には欠かせない食材です。

【口育】前歯で噛みちぎり、奥歯でよく噛んで食べられるため、口腔周囲筋が鍛えられ、顎の成長を促します。

【栄養】昆布には食物繊維が豊富で、お腹の調子を整える作用があります。

 

★ 数の子

【意味】子孫繁栄や子宝への願いが込められているとされています。

【口育】口の中でバラバラとなりやすいため、舌を上手に使ってまとめることのトレーニングになります。また、プチプチとした食感が奥歯を噛みしめすり合わせる練習にも役立ちます。

【栄養】多価不飽和脂肪酸であるDHA・EPAは悪玉コレステロール・中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす効果があります。

 

★田作り

【意味】田作りは別名、ごまめ(五万米)と呼ばれていることから、五穀豊穣の願いが込められているとされています。

【口育】カタクチイワシの頭から骨まで丸ごと食べられるため、奥歯ですり潰す練習になり、噛む回数も食材の中でトップクラスです。

【栄養】骨や歯の材料となるカルシウムが豊富です。カルシウムの吸収率を高めるビタミンDも多く含み、骨や歯を強くします。

 

 

ぜひご家族皆さんで、強い骨や歯を育てるためにおせち料理を楽しんでくださいね♪

 

本年も大変お世話になりました。

2024年もどうぞ、武蔵新城駅前ひらの歯科・矯正歯科(武蔵新城本院)と ひらの大人こども歯科・矯正歯科 新丸子/武蔵小杉(武蔵小杉分院)をよろしくお願いいたします。

 

 

管理栄養士 田中

ガイドラインに基づく症例情報

😃いよいよ年末です😃

2023年12月19日

こんにちは、受付の茂庭です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近気温が低くなり本格的に寒くなってきましたね🥶

 

風邪を引かないようにご飯をたくさん食べて

ビタミンを沢山採って風邪も予防していきましょう!!

お肉や魚、お野菜、フルーツなどカルシウム、ビタミンA、ビタミンCを

含む食品は歯を強くしてくれる効果もあるそうです🦷✨

積極的に摂取していきたいですね!

 

今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

栄養をしっかりと摂取して素敵な年末をお過ごし下さい🐲

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

保育ルームの様子♪

2023年12月12日

今日は保育ルームでお預かりしている様子をご紹介します。

この日は1歳4カ月のお友達が遊びに来てくれました☺️

図鑑の野菜のページを開いてしまじろうに食べさせてあげたり、かばさんに歯磨きもしてあげていました🦷🪥✨

最後は使ったおもちゃをお片付けしてくれたお友達です👏

その後はお母さんがお迎えに来るまでバウンサーでぐっすりでした💤

 

 

ひらの歯科クリニックは0歳から通える歯科医院です。

保護者の方が診療中にお子さまをお預かりすることができますので、安心してご利用ください。

ガイドラインに基づく症例情報

フロスの使用について

2023年12月6日

こんにちわ!歯科衛生士の村井です。

 

皆さんは歯磨きの時にフロスをつかっていますか?

歯ブラシだけでは歯間部の歯垢(しこう)の除去率は60%程度だと言われています。

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシも使うことにより除去率は80〜90%に高まるそうです!

歯垢はただの磨き残しではなく1ミリグラムの中に1億個以上の細菌が存在し、虫歯や歯周病などの原因になってしまいます💦

順番はフロス・歯間ブラシ→歯ブラシで使用した方が歯垢の除去率が良いそうです✨

 

使用方法が難しい。歯間ブラシのサイズがわからない。など質問があれば気軽に担当の衛生士に相談してみてくださいね(^^♪

 

歯ブラシだけではなく、フロスも使用して歯周病やむし歯を予防していきましょう⭐

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

乾燥注意報!?

2023年11月21日

こんにちは、歯科衛生士の村松です。

 

寒さが段々と増してきてますね。この時期はお肌の乾燥も感じやすいですよね。

お肌が乾燥し易くなるように、お口の中も季節によって乾燥しやすくなることがあるんです!☺

乾燥すると、お口の唾液が少なくなります。

 

そもそも唾液の役割とは・・・

・口の中の細菌の繁殖を抑える

・口の中の汚れを洗い流す

・食べ物の消化を助ける

・再石灰化を助けむし歯予防になる など大切な働きをしています。

 

唾液の量が減ることによって、上記の役割が充分に行えずお口の中の様々なトラブルに繋がります。

 

乾燥を感じたらお口の体操をしたり、水分補給をしたり意識してみてください。

 

また、口呼吸ではなく鼻呼吸も意識してみてくださいね🎵

これからの季節風邪やインフルエンザの予防にもなりますよ。

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

しっかり歯ブラシあたっていますか?

2023年11月14日

こんにちは!

歯科衛生士の佐藤です(^^)

 

冬らしくかなり寒い日が増えましたね、、☃

 

今回はお子様の歯磨き練習の際につかう「プラークチェッカー」についてご案内します!

多くの方が学校などで経験があると思いますが、ご自宅でも利用できることをご存知ですか??

 

 

使い方はとても簡単

1.綿棒などにこのプラークチェッカーの液を数的垂らし歯に塗布する

2.軽くうがいをする

3.赤く染まっている部分をみがく

 

これだけでどこに汚れがついているか、どこをみがくのが苦手かがわかります!

このプラークチェッカーを使って苦手な部分の磨き方をマスターすれば、

虫歯予防にまた1歩近づきますね✌✌

 

受付にて販売中なのでぜひ活用してみてください🤗

ガイドラインに基づく症例情報

口内炎予防について

2023年10月25日

こんにちは!

管理栄養士の伊藤です。

最近の朝夕はかなり肌寒くなり、すっかり秋らしくなりましたね。

寒暖差などから体調を崩しやすい時期ではありますが、皆様ご体調はお変わりないでしょうか?

今回は、こういったお身体が疲れを感じた際にできやすい口内炎についてお話します!

 

口内炎はストレスや免疫力の低下、口の中を噛んでしまうなどの物理的刺激など様々な原因が考えられますが、今回は栄養面に焦点を当ててみます。

 

口内炎ができる原因の一つ目は、たんぱく質の不足です。

たんぱく質はあらゆる体作りに使われる栄養素である他、体を機能的に働かせるためのホルモンや身体を守るために働く免疫体を作る材料になっています。そのため、不足してしまうと免疫力が低下し口内炎ができやすくなります。

 

二つ目は、ビタミンの不足です。

なかでも、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2・B6・cが不足してしまうと口内炎ができやすくなります。これらのビタミンは水溶性ビタミン呼ばれ体内には蓄積されず排泄されてしまうので、意識的にお食事から摂取することが重要になります。

 

これらの栄養素は下記の食材に多く含まれています

 

ビタミンB2   →  レバーや納豆、長芋やはちみつ

ビタミンB6   →  マグロやカツオ、さつまいもやナッツ

ビタミンC    →  ピーマンやブロッコリー、柑橘系のフルーツ

これからの季節が旬となる、長芋やさつまいもはとろろご飯や炊き込みご飯として手軽に摂取することができます!

 

バランスの取れた食事、そして食後のうがいや歯みがきによってお口の中を清潔に保つことを意識して口内炎を予防しましょう!

 

ガイドラインに基づく症例情報

歯ブラシデビューの時期について🦷

2023年10月20日

こんにちは🌞

歯科衛生士の永田です。

最近外を歩くと金木犀のいい香りがしますね!通勤時にいい匂いがするこの季節が大好きです🌝

 

さて、今日はお子さんの歯ブラシデビューの時期についてお話します。

診療していると、何歳から歯磨きすると良いですかと質問を受けます。

当院では、4ヶ月頃からをオススメしています!

 

4ヶ月だとまだ歯が生えていないのに・・・?と思う方もいらっしゃると思いますが、

早い段階から歯磨きをするメリットがあります。

まだ脳が成長段階なので泣かないケースが多い

指やおもちゃを自分でつかんでお口に入れる時期

歯ブラシの感覚を知るのにオススメな時期

 

この時期から歯ブラシをして、歯ブラシがお口の中にある環境に慣れてもらいましょう(^▽^)

歯ブラシは1つだけだと飽きてしまうので、お子さんが好きなキャラクターや色のものをいくつか用意してみてください!

 

当院では動物の柄のハブラシがあります🦁🐶🐈🐼

ベビーブラシだと喉まで届かないので、安心して使っていただけます!

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

ご飯が美味しい季節になりましたね!!

2023年10月10日

厳しかった残暑が噓の様に日中も涼しく過ごしやすくなって来ましたね。

秋は「食欲の秋」・「芸術の秋」など言われる季節ですね。

私は毎年「食欲の秋」の一択だったのですが、今年は「読書の秋」にも挑戦してみようかと思っています。

3日坊主にならないよう頑張ります!!(笑)

 

さて、むし歯や歯周病が怖いから日頃から「甘い物やお菓子を食べるのを控えよう・・・」なんて考えてる方はいらっしゃいませんか??

「甘い物やお菓子さえ控えればむし歯にはならないでしょ?」と思っていると、正しくお口の健康を守る事は出来ません。

虫歯や歯周病は、お菓子や甘味だけが原因ではないのです。

 

原因としては、、 食べ物(食生活)、歯の強さや唾液の力(宿主)、むし歯菌、プラーク量(細菌) が重なり、時間の経過と共に、むし歯になりやくなります。

歯磨きをしっかりやっていて、お口の中が綺麗にみえていても、食べてる時間、回数が多いとむし歯になりやすかったりする方もいます。 逆に、歯磨きがあまりうまくできなくても、歯が強かったり、唾液が多いとむし歯になりにくい方もいます。

このように、原因は1人1人違います。

正しい食事のリズム・お口の状態を知っていれば何も我慢する必要はないのです。

糖分も体にとっては大事な栄養素の1つです。

虫歯になるメカニズムを知って、お口の健康を守りながら美味しくお菓子や甘味も食べて下さいね!!

 

 

 

口育士・息育指導士 山上

 

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

キシリトールガムについて

2023年10月3日

皆さんは日ごろからガムを噛む習慣はありますか?

キシリトールガムには、むし歯の予防・悪い噛み合わせの予防どちらにも良い効果があります。

 

歯の健康を守る!歯科専用キシリトールガム4選をご紹介!|Hanone(ハノネ)~毎日キレイ 歯の本音メディア~

 

 

★ キシリトールとむし歯予防

むし歯予防は歯ブラシやフロスなどの道具を使って、毎日「菌を取り除く」ことが基本ですが、

キシリトールはお口の中のむし歯菌(ミュータンス菌)に直接作用し、

「虫歯の原因そのものを弱らせる」ことでむし歯を予防します。

 

また、ミュータンス菌は砂糖(ショ糖)やブドウ糖などの糖分から歯を溶かす「酸」を作り出しますが、

キシリトールからは「酸」を作ることができません。

 

そして、ガムを噛むことで唾液が分泌され、食べかすを洗い流したり(自浄作用)、

食後に酸性になったお口の中を中性に戻したり(緩衝能)といった作用もあります。

 

普段食べている食品は、そばなど軟らかいもので10回~30回、耳付きの食パンで70回くらいです。

それと比較してガムは100回~200回以上噛むことができます。

 

ガムの偉大な効用【SDGs 心と体の健康】

 

★ ガムと悪い噛み合わせ予防

かみ合わせや歯並びが悪くなる原因として、舌の位置が正しくないことによる「低位舌」があります。

ガムを噛んで、舌で丸めたり、上あごに押しつけて正しい呑み込みの練習をする「ガムトレーニング」もおすすめです!

 

 

バイオセラピーの種類 | 立川・ 小児歯科の小林歯科クリニック

 

ひらの歯科クリニックでは、むし歯予防はもちろん、悪い歯並びを予防する「MAM」小児予防矯正・口腔機能発達不全症改善プログラムを実施しています。

口呼吸・食べるのが早い、遅い・眠りが浅い・集中力が維持できない・よく転ぶなどの症状は、今後歯並びが悪くなるサインかもしれません。ご相談は無料ですので、お気軽にお電話ください!

 

 

管理栄養士 田中

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

症例集

症例集はこちら

初めての方へ

  • 当院はおくちの健康から全身の健康を目指す定期管理型予防の医院となっております。
  • お子様の初診に関しては「親子での予防メンテナンス」を必須としており、従来のお口の診査に加え、唾液の検査(リスク検査)をすべての患者様にお願いしております。
  • またグローバルスタンダードであるFDI(国際歯科連盟)のガイドラインに基づき、治療は必要なリスク検査終了後に行う事をご了承いただいております。
  • 初日は必須検査及びカウンセリングを行うため約90分が目安となっております。
  • 細かい注意事項は予約時もしくは予約日よりも前に受付よりお電話にてご案内させて頂いております。

※当院に通院されている患者様からのご紹介及び当院が園医となっている保育園関係者様、他の医療機関からのご紹介の場合はその旨を初診予約時にお伝えください。

044-789-8282
WEB予約
044-322-0011
WEB予約

このページの先頭に戻る