医院ブログ

WEB予約

武蔵新城駅前
ひらの歯科・矯正歯科

044-789-8282

ひらの大人こども歯科・矯正歯科
武蔵小杉/新丸子

044-322-0011

キービジュアル

子どもの食べる機能について

2023年4月11日

だんだんと暖かい日が続くようになりました。

入園、入学、新学期、入社など、新しい生活が始まり、生活リズムに変化のある方も多いのではないでしょうか?

 

ひらの歯科にも、歯科衛生士の永田さん、受付の茂庭さん、新卒保育士の伊藤さんがこの春に仲間入りしました。

お越しの際はぜひ話しかけてくださいね。

 

今回のブログテーマは「子どもの食べる機能について」です。

当院で行っている食生活相談では、お子さまが「なかなか食べない」「好き嫌いが多い」「食べる時間が長い」などのご相談をよく聞きます。

 

特に新生活が始まる時期は、環境の変化から食欲が出なかったり、緊張から唾液が出なかったりしてうまく噛めない、飲み込めないこともありますが、お口の機能がきちんと育っているか?にも注目しましょう。

 

フリー画像|人物写真|子供ポートレイト|少年/男の子|外国の子供|笑顔/スマイル|林檎/リンゴ|画像素材なら!無料・フリー写真素材のフリーフォト

 

口腔機能発達不全症とは?

 

口腔機能発達不全症とは、お口の成長がうまくいっていない状態の疾患名です。

 

口腔機能とは、①食べる機能 ②話す機能 ③呼吸する機能 のことです。

 

①食べる機能の症状としては、

・ 硬いものを避けて、柔らかいものを食べたがる

・ 食べるのに時間がかかる

・ 口いっぱいに詰め込んで、ずっと噛んでいる

・ 噛む回数が少なく、すぐに飲み込む

・ 食が細く、食べる量が少ない

 

などがあります。

 

 

食べる機能を育てるためには、食材の工夫や調理法の工夫をしてみましょう!

 

 

●食べる機能を育てるポイント

 

「まごわやさしい」でバランス良い食事!私のおすすめ食材と食べ方 | アイスム

 

① 噛むことが楽しくなる食材を使おう!

 

ごまや小魚、わかめや昆布などの海藻類は、噛めば噛むほど味や香りが出て、噛むと美味しい!ということを感じてもらえます。

一緒に食べる時は「ほっぺたの力こぶができるように、奥歯でよく噛もうね」とお声掛けしましょう。

 

特に2歳~3歳のお子さまは、奥歯ですり潰すように顎を動かすことや、舌の中心に食べ物をまとめて飲み込むことがまだ苦手な場合が多いです。

 

食べ方を繰り返し練習することで、将来的に何でも食べられるお口の機能を育てることができます。

 

 

② 調理法を工夫しよう!

 

噛む回数は、食べやすく柔らかいままだとなかなか上がりません。

子どもたちが自然と噛んでくれるような調理法の工夫も大切です。

 

例えばキャベツを使用する場合

 

煮込む → 蒸す → 炒める → 塩もみ → 生(千切り) → 生(ざく切り)

 

の順番に噛む回数がアップします。

生で食べられるのが理想的ですが、苦味やえぐみがどうしても苦手な場合、塩もみがおすすめです。

 

野菜をカリっと揚げる方法も、野菜嫌いさんに効果的です。

エネルギーや油分が高いため、食べすぎには注意です!

 

 

③ 前歯を使ってかぶりつこう!

 

パンやおにぎり・果物など、食べやすいように小さくカットしていませんか?

かじりとりが分からないと一口大を覚えず、詰め込み食べや丸飲みに繋がることもあります。

 

あえて大きめにし、前歯と唇をうまく使ってかじりとりができるようにすると、お口の機能が育ちます。

りんごは皮付き丸かじり、おにぎりは恵方巻のような海苔巻きなどがおすすめです!

乳児さん・幼児さんは誤嚥に注意してくださいね。

 

フリー画像|人物写真|子供ポートレイト|外国の子供|少女/女の子|笑顔/スマイル|フリー素材|画像素材なら!無料・フリー写真素材のフリーフォト

 

当院では2歳から実践できる「MAM 口腔機能発達不全症改善プログラム」を行っています。

姿勢や呼吸、食べ方や話し方から始まるお口の機能をトレーニングで改善することで、将来矯正治療になるリスクを大幅に下げることができます。

 

全身の健康維持や学力・体力向上にも役立ちますので、ぜひご相談ください!

当院に通われている皆さまには、お食事のご相談を無料で行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

 

管理栄養士 田中

ガイドラインに基づく症例情報

月例セミナーのテーマに「発音」が加わりました

2023年4月5日

こんにちは。言語聴覚士の本多です。

 

当院の月例セミナーのテーマに、「発音」が加わりました。

歯並びと発音の関係についてお話しいたします。

 

毎月第二火曜日17:00~

 

 

顎の成長期である小学生くらいまでは、歯並びはふだんの口腔習慣で大きく変化します。

この時期に発音で着目したいポイントをご紹介いたします。

 

ご予約の上お越しください。

 

予約フォームはこちら↓

https://forms.gle/tzyAnDrpF67hY2dR9

 

お待ちしております。

 

言語聴覚士 本多

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

鼻と口どちらで呼吸していますか?

2023年3月14日

こんにちは、歯科衛生士の村松です。

 

今は花粉の時期ですね!今年の花粉の量がここ10年で最も多く、昨年の2.7倍の飛散量と言われていますね😖

今まで花粉症ではなかった人も、今年から症状が出始めたなんて話もお聞きします。

鼻水ズルズルで目も痒い、花粉症は現代病なんて言われていますが一刻も早くこの時期が通り過ぎるのを待つばかりです😢

 

皆様、最近は花粉で鼻が詰まっていて呼吸はお口でしていることが多いなんてことはないですか?

お鼻で呼吸することが苦しく、ついお口で呼吸しているなんてことありますよね。

時期的なものもあり、その呼吸の仕方が一時的ならいいですが「口呼吸」が習慣化されてしまうと色々な問題が出てくる可能性があります。

 

本来はお鼻で呼吸する「鼻呼吸」が正しいです。

 

 

 

「口呼吸」による弊害

①虫歯や歯周病になりやすい

②口臭の原因になる

③歯並びが悪くなる

④風邪やアレルギーになりやすい

⑤老化を促進する

 

特にお子様の場合、「口呼吸」が習慣化されると悪習癖になっていきます。

悪習癖(あくしゅうへき)とは歯並びや噛み合わせに悪影響を与える習癖です。

歯並びだけでなく姿勢など全身の健康にも悪影響を及ぼしていきます👩👨

 

 

まずは日常の呼吸を意識してみてくださいね🙏

保護者の方はお子様の普段の口元を気にしてあげてください(TVを見ている時などお口がポカンと開いていたら要注意です)

 

詳しく知りたい、気になることがあるなど気軽に担当の衛生士にご相談ください!

 

 

歯科衛生士 村松

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

シーラントについて

2023年3月7日

こんにちは。

歯科衛生士の高原です。

あっという間に3月ですね。

暖かく過ごしやすい日も増えてきましたが、皆様体調管理はいかがでしょうか。

 

本日は「シーラント」についてお話しさせて頂きます。

 

一度は聞いたことがあるかもしれませんが、

シーラントは、『虫歯治療ではなく、予防処置です』

奥歯には溝があります。

そこは歯ブラシが当たりにくく、虫歯になりやすい場所です。

 

この溝はハブラシが奥まで当たりにくい部分で食べかすや菌が溜まりやすい場所なので虫歯になりやすくなってしまいます。

 

 

虫歯の予防といえば、『歯磨きや、フッ素』を想像される方が多いと思います。

 

シーラントは、その虫歯になりやすい溝の部分をあらかじめ埋めてしまおうという考えで行われる処置です。

またシーラントにはフッ素が含まれているため、歯の表面を強化してくれる効果もあります

 

シーラントした歯は、4年以上で約60%のむし歯予防効果が認められ、特にフッ化物応用との併用によってむし歯予防効果はさらに増加します。

むし歯発症リスクの高い歯に行うと特に有効というデータもあります。

(厚生労働省 e-ヘルスネットより引用)

 

患者さま一人ひとりのお口の環境によってシーラントの必要性は異なってきますが、

シーラントを行う時期としては、

 

奥歯の永久歯が生えてくる時期 : 6歳頃前後

むし歯になりやすい12歳臼歯が生えてくる時期:12歳前後

が目安となります。

 

生えたばかりの歯は、歯質や他の歯と高さが異なる為、磨きにくくなってしまいます。

 

 

 

 

そのため初期虫歯になってしまうリスクが高いため、

生え始めの頃にシーラントをすることで虫歯のリスクを軽減します。

 

 

☆シーラントのメリット☆

メリット

1 虫歯になる可能性を減らせる

シーラント治療は虫歯になる可能性を減らすことができます。

歯の溝は、汚れがたまりやすい場所です。

特に、生えたての歯は未成熟で溝も深いので、ケアをしないと虫歯になりやすいです。

さらに、生えたての歯は柔らかいこともあり、虫歯の進行が早いというところも懸念点です。

シーラントを施せば溝が埋まるので、虫歯になる可能性を減らすことができます。

2 歯を削らなくて済む

虫歯が悪化してしまうと、歯を削ることになってしまうことがほとんどです。

 

★デメリット★

取れてしまうことがある。

シーラントに使用している歯科治療用のプラスチックは、噛み合わせが変わらないように、非常に薄く充填しますので、

無理な力がかかると破折してしまうこともあります。

取れてしまっても、簡単には溶け出 したりしないので、誤ってそのまま飲み込んだとしても、特に問題ありません。

取れた場合は早めに歯科を受診し、再度シーラントすることをお勧めします。

 

 

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

歯のミネラルパック?? 『MIペースト』

2023年2月28日

こんにちは!

歯科衛生士の佐藤です😄

 

だんだん暖かくなってきましたね。

春も近づいてきました🌸

 

今回は”MIペースト”(エムアイペースト)のご紹介をさせて頂きます!

 

MIペーストとは、豊富なミネラル(カルシウム、リン)や、CPP-ACP(リカルデント)を

含んだ口腔ケア製品で、ブラッシングの後に歯に塗布して使用するペーストになります。

 

※CPP-ACPは牛乳由来成分になりますので、牛乳アレルギーのある方は

使用しないように注意をお願いします。

 

前回ご紹介した「Check Up」とは用途が少し違うので、特徴をお話していきます👇👇

 

MIペーストの特徴

・再石灰化の促進

・中和作用、緩衝作用

・脱灰抑制

・酸耐性の向上

 

再石灰化の促進はCheck Upでも得られる効果です。

しかし、MIペーストにフッ素は含まれていません

 

では何が良いのか…。

 

実は!MIペーストは虫歯の初期段階や小さな虫歯が進行するのを抑えてくれるのです‼

さらに含まれているカルシウム、リンの濃度が唾液中より高いのでカルシウムが歯に戻りやすくなります。

   

 

現在初期虫歯がある方や、虫歯になりやすい方、矯正治療中で歯磨きに不安がある方などにオススメです✨

 

~使い方~

1.まずは歯みがき粉で歯を磨きます

 

2.うがいが終わった後歯ブラシにMIペーストを1㎝ほどつけて全体に塗っていきます

※乳幼児のお子様は大人より少ない量で使用してください

 

3.塗布後、うがいはせず3分間はつばも出さないようにしましょう

 

4.3分後、つばを吐き出しさらに30分待ちます

 

5.30分後うがいをします

※うがいができなければ水を飲んでもらっても大丈夫です

 

フッ素は入っていないので、フッ素配合の歯みがき粉やキシリトールのガムと一緒に使うと

さらに高い効果が得られます💖

 

詳しく知りたい方は担当の歯科衛生士にお尋ねください😌

歯科衛生士 佐藤

ガイドラインに基づく症例情報

☆フッ素について☆

2023年2月21日

こんにちは!歯科衛生士の菊池です。

 

早いもので2月も半ばを過ぎましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は 歯医者さんでよく耳にする ”フッ素” についてのお話をさせて頂きます。

フッ素…聞いたことがあるけどよく分からないし、使用に不安が…という方もいらっしゃるかと思います。

フッ素は正しい濃度と適切な量で使用して頂ければ歯に対して様々な効果が期待されます。

 

フッ素の効果

・再石灰化の促進

・歯の質の強化

・菌の働きを弱める

などなど….

 

ひらの歯科クリニックでは、お家でのケアの際お子様にフッ素入りの歯磨き粉やジェルの使用をおすすめしています😊

左が歯磨き粉、右がジェルタイプになります。

 

ぶくぶくぺ ができるようになったお子様には歯磨き粉の使用を推奨しています。

(研磨剤などが配合されているのでジェルタイプより汚れが落としやすいです!)

 

濃度はお子様用だと500ppm〜950ppmがあります。

使用量を守って頂ければ、歯が生え始めてから950ppmの濃度の物も使用可能です。

 

そしてホームケアの際だけでなく、歯医者さんでの定期的なフッ素塗布も大切です!

歯医者さんで塗布するフッ素は9000ppmと高濃度のものになります🦷

そのため3ヶ月に1回の頻度で塗布をします。

赤ちゃんの生えたての歯に対するフッ素の吸収率はとても高いです👍👶

お子様に”痛い治療”ではなく”気持ちのいい予防”で通って頂けるよう私たちも

全力でサポートさせて頂きます😁💓

 

正しい使用方法や不安なことがあればいつでも担当衛生士にご相談下さい!♪

 

 

歯科衛生士 菊池

 

 

 

ガイドラインに基づく症例情報

ひらの歯科の待合室☆

2023年2月7日

こんにちは(^ ^)

受付の松本です。

 

毎日厳しい寒さが続いていますね。。

2月は更に寒さが増しますが、皆さまお身体ご自愛ください(>_<)

 

今日は、ひらの歯科クリニックの待合室をご紹介します♪

↑お会計スペースのお隣には、当院オススメの物販コーナーがあります☆

 

 

↑みなさまに「可愛い!」とご好評いただいている待合スペースには、当院開催のセミナーのお知らせや、地域の情報を掲示しております☆

ぜひチェックしてみてください!

 

 

↑お子さま用の待合スペースもあります^ ^♪

楽しく待てる場所なので、お子さまに大人気です!

 

 

混み合った際も、できる限り皆さまをスムーズにご案内できますよう、スタッフ一同心掛けております!

 

初めての方やご家族の方のご予約も、お気軽に受付にてお問い合わせください♪

 

 

 

受付 松本

 

ガイドラインに基づく症例情報

スタッフ研修会を行いました

2023年1月31日

こんにちは。

MAM担当エデュケーター山上です。

 

早いもので気付けばもう1月も終わってしまいますね。

大寒波が来たりと大変な月でしたが、私は暖かい鍋料理をたくさん食べられ幸せでした。(笑)

 

さて、先日「フッ素と合わせて有効的に予防が出来る方法」という事で、株式会社松風の皆さまにお越しいただき、スタッフ全員でセミナーを受講しました。

 

 

内容は、今使っている物よりも、もっと効率良く歯の健口寿命を延ばしていけるケア用品などのお話でした。

ご家庭でのホームケアを含め「フッ素」の普及率は98%にもなるそうです。

その内、58%が1日2回は歯磨きをしていると言われています。

新しいフッ素の使い方が20年以上前からある考え方にも関わらず余り歯科医院に浸透して無い事に驚きました。

これが、一般的になればお子様はもちろん障がいをお持ちの方や唾液が減って来てしまう高齢者の方などもご自身の健口を作る事が出来ると学ばせていただきました。

 

お口の中は食事を取ると酸性になり歯が溶けやすくなり虫歯のリスクが高くなります。それを中性に保ちやすくしてくれる成分が入ったケア用品を使う事でリスクを減らせるという製品の成分を見る実験もさせて頂きました。

(A社→酸性のままでした。 S-PRG→中性になりました)

 

 

院長と私達スタッフも実際に使用感を体験させて頂き、「良いね、使いやすそう」や「味も美味しい」などの感想が出ました。処置を怖がってしまったりするお子様にも短時間で使用出来るようです。

 

皆様の健口を一緒に作り守って行けるよう、スタッフ一同これからも新しい情報を積極的に取り入れ、正しい情報を発信して行きたいと思います!!

最後に、お話して下さったミスター ジャイオマー様(今回紹介して頂いた品の研究者様です)が、いずれは「ノーベル賞を取る予定なのでサイン付きで資料お送りしますね」とおちゃめな方で、数日後頂きました。

MAMエデュケーター 山上

ガイドラインに基づく症例情報

ひらの歯科クリニック ことばの教室のご紹介

2023年1月25日

言語聴覚士の本多です。

ブログでは初めての投稿になりますので、ことばに関する当院の取り組みについてご紹介いたします。

 

当院では口腔機能育成の一環として、正しい舌の使い方、さらには発音の指導も行っております。

明瞭な発音ができない原因としては、誤った発音のしかたを身につけてしまったことの他、神経や筋由来の問題で舌などを動かすことに困難さがある、また口腔器官のかたちの問題(粘膜下を含む口蓋裂、舌小帯短縮など)によることがあります。

歯科医師が口腔内の診察を行いますので、口腔器官のかたちに問題がある場合には速やかな対応が可能です。

 

また、お子様のことばの発達についてもご相談を承っています。

当院はむし歯予防、歯並び予防といった「予防」をメインとした歯科クリニックです。

基本的にむし歯がなくても定期的にご来院いただき、歯磨き指導やフッ素塗布を受けていただいています。

予防の前後にことばの相談や評価・トレーニングを続けて予約していただくことも可能ですので、通院の手間が軽減できます。

 

当院にかかられていない場合でも、ことばの相談のお申込は可能です。

 

しかしながら、ことばの相談をきっかけにむし歯予防に通院していただけるようになると、とてもうれしいです。

むし歯になってから初めて歯医者に連れていかれて、歯が痛いわ初めての場所でパニックになるわ…という状態だと、お子様はなかなかしんどい思いをします。

当院に長年通われている予防のベテランキッズさんたちは、2、3才でも自分からずんずん中に入ってきますし、自分で歯磨きができます。

定期管理ができているのでむし歯もほとんどなく、歯科クリニックが怖い場所というイメージをそもそも持っていません。

まれにむし歯ができる子もいますが、ユニット(歯医者の“あの”倒れる椅子)に座ることに慣れているため、

もし削る治療が必要になったとしても阿鼻叫喚!になることは少ないです。

 

話がそれてしまいました…

私は、歯並びを改善し将来にわたって歯並びを悪くさせないための舌トレーニング、発音トレーニングをメインに担当していますが、

お子様が多く通われているクリニックの特性上、言語聴覚士としてお子様のことばのご相談もできるだけお受けしたいと思っています。

むし歯予防のために当院に通い始めたご家族様から、

「そういえばうちの子、他の同じ月齢の子よりも言葉が遅れているかんじがあるけどどうでしょう?」

「さ行がまだちゃんと言えないけど、そんなものですか?」くらいのふわっとしたノリでご相談を受けることも多々あります。

ことばに関するちょっとした疑問、子育てをしていたらふっとわいてくるのはよくあることです。

質問してみることで保護者様の気持ちが楽になれることもあると思います。

お話を伺って、ことばの発達や発音に支援が必要そうであれば検査やトレーニングをご提案することもあります。

ことばに関するお悩みを解決していくお手伝いができればと思っていますので、お気軽に相談のご予約を入れていただければと思います。

 

 

言語聴覚士 本多

ガイドラインに基づく症例情報

むし歯を防ぐおやつの選び方

2023年1月18日

・子どもがお菓子ばかり欲しがってしまう
・ご飯を待っている時とりあえずあげてしまう
・甘いものはダメと分かっていても完全には難しい!

 

ひらの歯科の親子食生活相談では、こんなご相談をよく受けます。子育て中のお食事に関するお悩みをひとつでも解決できるよう、歯科衛生士や管理栄養士がサポートしています。

そもそも、なぜ甘いお菓子がむし歯を引き起こすのでしょうか?

砂糖(スクロース(ショ糖)、グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)など)を含んだお菓子を食べると、お口の中に潜んでいるむし歯菌(ミュータンス菌)が酸を産生し、お口の中のpHを下げて歯の表面を溶かしてしまいます(脱灰といいます)。

また、お菓子やジュースをダラダラと食べたり飲んだり繰り返していると、むし歯を引き起こしやすくなります。

 

栄養士のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

むし歯を防ぐためのおやつポイント
※おやつとは、本来3回のお食事では補い切れないエネルギーや栄養素を摂るためのものです。

① なるべく砂糖の入っていないおやつを選ぶ
② 腹持ちの良いものにする
③ おやつの時間を決める

2歳〜5歳くらいのお子さまは、乳歯が生えそろい、離乳食の時と比べて食べられるものの幅がグッと広がります。
実はこのくらいのタイミングで、むし歯になる危険も高まります。

 

おにぎり・おむすび10 | フリー素材ドットコムゆんフリー写真素材集 : No. 11817 野菜スティック [中国 / 南京]ゆで卵の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

★おすすめのおやつ

・おにぎり
・バナナやみかんなどの果物
・ゆで卵
・にんじんやキャベツなどの野菜(温野菜やチップス、スティックにすると食べやすくなります)
・栗などの種実類
・チーズ、ヨーグルトなどの乳製品

お腹が空いたら上記のようなものがおすすめです!
おやつは1日1〜2回にしましょう。

ひらの歯科の食生活相談では、一人ひとりの年齢や体の状態、ご家庭の生活スタイルによってできそうなことをご提案いたします。

歯と体の健康のために、お話をお聞かせください。

 

管理栄養士 田中

参考:平成28年歯科疾患実態調査の概要
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/62-28-02.pdf

ガイドラインに基づく症例情報

症例集

症例集はこちら

初めての方へ

  • 当院はおくちの健康から全身の健康を目指す定期管理型予防の医院となっております。
  • お子様の初診に関しては「親子での予防メンテナンス」を必須としており、従来のお口の診査に加え、唾液の検査(リスク検査)をすべての患者様にお願いしております。
  • またグローバルスタンダードであるFDI(国際歯科連盟)のガイドラインに基づき、治療は必要なリスク検査終了後に行う事をご了承いただいております。
  • 初日は必須検査及びカウンセリングを行うため約90分が目安となっております。
  • 細かい注意事項は予約時もしくは予約日よりも前に受付よりお電話にてご案内させて頂いております。

※当院に通院されている患者様からのご紹介及び当院が園医となっている保育園関係者様、他の医療機関からのご紹介の場合はその旨を初診予約時にお伝えください。

044-789-8282
WEB予約
044-322-0011
WEB予約

このページの先頭に戻る