医院ブログ

WEB予約

武蔵新城駅前
ひらの歯科・矯正歯科

044-789-8282

ひらの大人こども歯科・矯正歯科
武蔵小杉/新丸子

044-322-0011

キービジュアル

人と動物の歯の生え変わりについて

2024年3月1日

こんにちは 歯科衛生士の村井です!

今回は動物の歯についてお話ししたいと思います🦷

皆さんはワニの歯は何回生え変わるか知っていますか?

 

調べたところによると生涯20回以上生え変わるそうです!

人の永久歯は親知らずを含めないで28本。一度乳歯から生え変わるともう生えてきません

ワニは80本歯が生えており20回以上生え変わるので、2000本近く生え変わっていきます🐊

 

人と違い獲物を捕まえるため尖った歯を維持する必要があるので生え変わる回数も多くなるそうです

人は一度しか生え変わらないので1本1本を大切にしなければいけませんね🪥

しかし歯の根っこがあったり、歯の材料は人と同じだそうです!

 

動物の歯も調べてみると人との共通点や全く違う部分もあったり面白いですね😃

歯の萌出時期について♩

2024年2月20日

こんにちは⛅️

歯科衛生士の菊池です。

 

今回はお子様の “歯の萌出時期” についてのお話しです🦷

 

「乳歯ってどれくらいの時期から生えてくるの?」

「同じ月齢の子はもう歯が生えているのに、うちの子は生えていない」など

歯が生える時期に関して気になる方は多いのではないでしょうか。

 

乳歯が生え始めるのは、おおよそ生後6ヶ月〜8ヶ月ぐらいです✨

その後、2〜3歳を目安に20本の乳歯が生え揃います。

 

 

上の図は萌出時期を月齢別に表したものです。

あくまで平均的なものになるのでこれより早かったり遅かったりは個人差があります。

 

ひらの歯科ではお子様の虫歯予防や健康な顎の発育に必要なことを親御さんにお伝えするため、歯が生える前からの受診を

おすすめしています💡

 

セミナーなども随時開催しているのでお気軽にお問合せください😌💕

 

 

0歳~のはみがき

2024年2月13日

こんにちは、歯科衛生士の佐藤です🌝

 

今回は歯磨きの話をしていきたいと思います!

以前の投稿で、はぶらしは4ヶ月から使えるとありました。

 

・どんなはぶらしを使えばいいか

・はみがきのコツ

 

をご紹介していきます!

 

・どんなはぶらしを使えばいい?

 

 

お子さん用のはぶらしも、大人用と同じで色々な種類のものがあります。

0歳のお子さんでは

・横幅が広いもの

・長さは短いもの

・グリップが握りやすいもの(太い、すべりにくいなど…)

 

このようにお子さんが興味を持ち、自分で持ってお口に入れてもキケンでないものを

選んでいただけると良いですね🦷

 

・はぶらしのコツ

 

0歳のはみがきは、汚れを落とすことよりもお口にブラシを入れる練習が主です。

いきなりブラシをお口の中に入れずに、まずはお子さんの顔や口元を優しくなでたりして

触られる感覚に慣れてもらう必要があります。

こうすることで、お口にいきなり刺激が与えられるのを防ぎスムーズにはみがきに移行できることが多いです。

 

 

はじめはイヤイヤするお子さんも多いですが、段々慣れて上手にはぶらしを口に入れてくれます。

私たちひらの歯科クリニックの歯科衛生士も、

お子さんの年齢に合わせたはみがきの練習を一緒に行っていきたいと思います!!

キシリトールとは?

2024年2月7日

こんにちは 歯科衛生士の村松です🌝

 

今回はひらの歯科クリニックでも取り扱っているキシリトールの話をしたいと思います。

キシリトールの製品はガムやチョコ、グミ、タブレットなど当院で販売しています。

最近では市販の物にもキシリトール配合など香パッケージに書いてあったりなど、皆さんも目にする機会があると思います。

 

そもそもキシリトールとは何なのでしょうか?

白樺や樫の木からとれるキシラン・ヘミセルロースという糖分から作られ、糖アルコールの一種で砂糖と同程度の甘さがあります。むし歯を予防する天然甘味料として、北欧諸国で多用され、チューイングガムやタブレットなどに使用されています。厚生労働省より食品添加物として認可されているほか、世界保健機関(WHO)や 国連食糧農業機関(FAO)もその効果を認めています。

 

むし歯予防のためには、キシリトールが50%以上配合されているガムまたはタブレット5~10gを毎食後に摂取し、これを継続するとよいといわれています。

ただしキシリトール配合であっても砂糖や水飴など糖類が含まれていることがあるので注意が必要です。

歯科専売の物はキシリトール100%なので、市販の物より効果が期待できます。

日常に取り入れるならしっかりと効果があるものの方が良いですね(^^♪

キシリトールの取り方や食べるタイミングなど気になりましたら、担当の歯科衛生士に気軽に質問してください☆

 

 

 

 

 

✨保育園セミナー✨

2024年2月5日

先日、保育園セミナーに行ってきました!

歯磨き先生と一緒に歯を磨くことの大切さと正しい歯磨きの仕方を勉強しました🪥✨

 

みんな一生懸命にお話を聞いてくれてお家でも上手に歯磨きができるように頑張ってくれるはずです😆

 

上手に歯磨きができているか不安になることがあると思います。
当院は親子予防を取り入れており歯磨きの練習もしています。お悩みがありましたらぜひ一度ご連絡ください。

 

2024年もよろしくお願いいたします!【武蔵新城・武蔵小杉】

2023年12月26日

爽やかな晴れの日が続き、冬らしい気候になりました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

年末年始は家族で年越しそばやお雑煮などが楽しみですね。

 

今回はお正月に食べるおせち料理についてのお話です。

おせち料理は、年神様へ五穀豊穣・子孫繁栄・家内安全などを祈って、

縁起の良い海の幸・山の幸を詰める風習から、お正月に食べることが一般的になりました。

 

お子さまの予防矯正(悪い歯並び・かみ合わせの予防)の考え方として、

お口周りの筋肉や顎の骨を強くし、お口を育てるために食育(食べ方・飲み込み方・栄養)も重要です。

実はおせち料理にはお口にも体にも嬉しいポイントがあることをご存じでしょうか?

その一例をご紹介します。

 

 

★ 昆布巻

【意味】古くから「こぶ」には「養老昆布(よろこぶ)」といわれ、おめでたい席には欠かせない食材です。

【口育】前歯で噛みちぎり、奥歯でよく噛んで食べられるため、口腔周囲筋が鍛えられ、顎の成長を促します。

【栄養】昆布には食物繊維が豊富で、お腹の調子を整える作用があります。

 

★ 数の子

【意味】子孫繁栄や子宝への願いが込められているとされています。

【口育】口の中でバラバラとなりやすいため、舌を上手に使ってまとめることのトレーニングになります。また、プチプチとした食感が奥歯を噛みしめすり合わせる練習にも役立ちます。

【栄養】多価不飽和脂肪酸であるDHA・EPAは悪玉コレステロール・中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす効果があります。

 

★田作り

【意味】田作りは別名、ごまめ(五万米)と呼ばれていることから、五穀豊穣の願いが込められているとされています。

【口育】カタクチイワシの頭から骨まで丸ごと食べられるため、奥歯ですり潰す練習になり、噛む回数も食材の中でトップクラスです。

【栄養】骨や歯の材料となるカルシウムが豊富です。カルシウムの吸収率を高めるビタミンDも多く含み、骨や歯を強くします。

 

 

ぜひご家族皆さんで、強い骨や歯を育てるためにおせち料理を楽しんでくださいね♪

 

本年も大変お世話になりました。

2024年もどうぞ、武蔵新城駅前ひらの歯科・矯正歯科(武蔵新城本院)と ひらの大人こども歯科・矯正歯科 新丸子/武蔵小杉(武蔵小杉分院)をよろしくお願いいたします。

 

 

管理栄養士 田中

😃いよいよ年末です😃

2023年12月19日

こんにちは、受付の茂庭です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近気温が低くなり本格的に寒くなってきましたね🥶

 

風邪を引かないようにご飯をたくさん食べて

ビタミンを沢山採って風邪も予防していきましょう!!

お肉や魚、お野菜、フルーツなどカルシウム、ビタミンA、ビタミンCを

含む食品は歯を強くしてくれる効果もあるそうです🦷✨

積極的に摂取していきたいですね!

 

今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

栄養をしっかりと摂取して素敵な年末をお過ごし下さい🐲

 

 

 

保育ルームの様子♪

2023年12月12日

今日は保育ルームでお預かりしている様子をご紹介します。

この日は1歳4カ月のお友達が遊びに来てくれました☺️

図鑑の野菜のページを開いてしまじろうに食べさせてあげたり、かばさんに歯磨きもしてあげていました🦷🪥✨

最後は使ったおもちゃをお片付けしてくれたお友達です👏

その後はお母さんがお迎えに来るまでバウンサーでぐっすりでした💤

 

 

ひらの歯科クリニックは0歳から通える歯科医院です。

保護者の方が診療中にお子さまをお預かりすることができますので、安心してご利用ください。

フロスの使用について

2023年12月6日

こんにちわ!歯科衛生士の村井です。

 

皆さんは歯磨きの時にフロスをつかっていますか?

歯ブラシだけでは歯間部の歯垢(しこう)の除去率は60%程度だと言われています。

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシも使うことにより除去率は80〜90%に高まるそうです!

歯垢はただの磨き残しではなく1ミリグラムの中に1億個以上の細菌が存在し、虫歯や歯周病などの原因になってしまいます💦

順番はフロス・歯間ブラシ→歯ブラシで使用した方が歯垢の除去率が良いそうです✨

 

使用方法が難しい。歯間ブラシのサイズがわからない。など質問があれば気軽に担当の衛生士に相談してみてくださいね(^^♪

 

歯ブラシだけではなく、フロスも使用して歯周病やむし歯を予防していきましょう⭐

 

 

 

乾燥注意報!?

2023年11月21日

こんにちは、歯科衛生士の村松です。

 

寒さが段々と増してきてますね。この時期はお肌の乾燥も感じやすいですよね。

お肌が乾燥し易くなるように、お口の中も季節によって乾燥しやすくなることがあるんです!☺

乾燥すると、お口の唾液が少なくなります。

 

そもそも唾液の役割とは・・・

・口の中の細菌の繁殖を抑える

・口の中の汚れを洗い流す

・食べ物の消化を助ける

・再石灰化を助けむし歯予防になる など大切な働きをしています。

 

唾液の量が減ることによって、上記の役割が充分に行えずお口の中の様々なトラブルに繋がります。

 

乾燥を感じたらお口の体操をしたり、水分補給をしたり意識してみてください。

 

また、口呼吸ではなく鼻呼吸も意識してみてくださいね🎵

これからの季節風邪やインフルエンザの予防にもなりますよ。

 

 

 

初めての方へ

  • 当院はおくちの健康から全身の健康を目指す定期管理型予防の医院となっております。
  • お子様の初診に関しては「親子での予防メンテナンス」を必須としており、従来のお口の診査に加え、唾液の検査(リスク検査)をすべての患者様にお願いしております。
  • またグローバルスタンダードであるFDI(国際歯科連盟)のガイドラインに基づき、治療は必要なリスク検査終了後に行う事をご了承いただいております。
  • 初日は必須検査及びカウンセリングを行うため約90分が目安となっております。
  • 細かい注意事項は予約時もしくは予約日よりも前に受付よりお電話にてご案内させて頂いております。

※当院に通院されている患者様からのご紹介及び当院が園医となっている保育園関係者様、他の医療機関からのご紹介の場合はその旨を初診予約時にお伝えください。

044-789-8282
WEB予約
044-322-0011
WEB予約

このページの先頭に戻る